キリンビール横浜工場、工場見学に行ってきました(・д・)ノ

6月18日(日)、横浜にあるキリンビール横浜工場に行ってきました!

というのも、工場見学をするため。

画像


↑こんな感じで、土日はなかなか人気でいつも予約が埋まっていていつも予約できない状態。

しかしそんな中、6日前の12日の会社帰りに予約サイトを見ていると18日だけ「一部空きあり」となっていました。

時間帯を見てみると・・・

・11:00~12:20

・12:00~13:20

の2枠だけ空いてた。

なぜだろう??

まぁ、これはチャンスだと思いすぐに11時からの枠を予約!

予約確定メールが来て、予約完了!

なかなか予約ができないのですが、運良く予約できちゃいました^^

(翌日見たら全部の時間帯埋まっていて18日は取れない状態になってました)


どうせなら工場敷地内のレストランで食べられるジンギスカン食べ飲み放題もやりたく、公式ページアナウンスのぐるなびのページから予約をしました。

こちらはすぐに予約が確定するのではなく、担当者からの電話などで予約が確定するみたい。

翌日の昼、電話が掛かってきたので予約できたかな?と思ったら、満席で予約はできないとの話。

当日席もあるから、当日並んで貰えればジンギスカンの食べ飲み放題は食べられます、ただし30分~1時間待つかもしれないとのこと。

同じ敷地内の別のレストランの予約はできるがどうしますか?と言うので、食べ飲み放題をやりたかった僕は、それを断りました。


そして当日。

画像


京急の生麦駅で降りキリンビール横浜工場を目指しました。

駅のすぐ隣にはJRの貨物線と旅客線が並走していて、ちょうど成田エクスプレスが!

画像


歩いて10分程度で到着しました。

工場という雰囲気はなく、おしゃれな建物。

画像


入り口を入るといきなり大きな麒麟のオブジェが!

画像


受付で予約した旨を伝えると色のついたバッジが貰えます。

このバッジを見てどの時間帯の見学者か判別するためみたいです。


ここからはネタバレ要素満々なので、お楽しみの方は見ちゃだめです~(>_<)












まず初めにキリンビール横浜工場の歴史や一番搾りの特徴の説明ビデオを見ました。

なかなかそういった歴史や豆知識を学ぶ場は無く、とてもお勉強になりました^^


ビデオを見てエスカレーターを上っていくと、ビールの原材料となっている麦やホップの説明をガイドさんにして貰いました。

実際にホップのにおいを嗅いだり、麦を食べてみたり。

麦が意外と香ばしく、後味が甘く感じて少々驚きました。

これも工場見学ならでは。

普段麦をそのまま食べようとは思いませんもんね笑

画像


次の部屋に入ると仕込み釜が複数個並んでいました。

普通の工場見学ではただただタンクを見ておしまいであったり、ビデオ紹介だったりと言う感じですがここはなかなかおもしろかったです!

このフロアを上手いこと利用したプロジェクションマッピング!

最近流行りですがこういう使い方もあるんだなぁと関心。

工場見学なのに、どこかテーマパークのアトラクションを楽しんでいる感じでした笑

画像


少し進むと1番搾りと2番搾りの違いを説明したプレートが。

ただただプレートでの口頭説明なのかな?と思ったら下のシャッター部分が開き、その中にいくつかのコップが!

画像


ここでは1番搾り麦汁と2番搾り麦汁の試飲をさせて貰いました!

2番搾り麦汁から飲み、1番搾り麦汁を次に飲む。。。

色の濃さから分かるように、味も全然違う!

何より麦ジュースはこんなに甘いんだ!!という点が驚きでした。

感覚的にはすっきりした甘酒を飲んでいるような感覚。

家庭ではなかなか体験できない物なので、工場見学ならではの体験ですね^^

画像


もう少し進んでいくと、今度はビール酵素による糖化の体験。

こちらもプロジェクションマッピングで、テーブル上に広がった麦汁の上で指を曲げ、しずくの形の陰を作るとビール酵素君達が集まってきて糖化してくれると言う物。

画像


画像


酵素君達が働く姿がとても可愛く、みんな一生懸命になってしずくを作っていました笑

画像


画像


画像


さらに進んでいくと、工場の要となるラインが見えてきました。

・・・が!!しかし。

この日はちょうどラインの点検日と言うことでラインは一切動いていませんでした。。。

人一人いないなかなか寂しい光景。

残念でした(T_T)

キリンビール横浜工場ではハイネケンの製造ライセンスを取得しているそうで、運のいい日には日本の工場でハイネケンが製造される様子も覗えるみたいですね!


画像


工場見学の後にはお楽しみの試飲タイム!!

ビールサーバーから注がれたおいしい生ビールが味わえます!!

お姉さんが注いでくれるのですが、プロの方々で7:3の割合できれいに注いでくれます^^

ビールにはやっぱりおつまみ。

一人一個ずつ工場限定の「柿の種チーズ味」を頂けます!

ちなみにこちらの柿の種は、工場内のショップで購入することができます笑

10個入りで600円。

せっかくなので買っちゃいました!

画像


今回試飲できた3種類はこちら。

・キリン一番搾り生ビール

・一番搾り 横浜づくり

・一番搾り 夏冴えるホップ

画像


こちらの一番搾り 夏冴えるホップは6月20日(火)より発売ということで、発売日より前に特別に試飲させて頂きました^^

こちらはどちらかというと一番搾りが好きな人よりもラガー系が好きな人に好まれるような味になっているようです。

とてもすっきりした感じでした!


一番搾り 夏冴えるホップ 350ml×24本
キリンビール
2017-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一番搾り 夏冴えるホップ 350ml×24本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




工場見学と試飲を終え、時間は12:30頃とちょうどお昼時。

楽しみにしていたジンギスカン食べ飲み放題をしにレストラン ビアポートへ。

中ではみんなビールを片手に焼き肉食べ放題!

並ぶかと思っていたレストランですが、天気が悪かったせいもあってか普通に空席がいくつかあってすぐに席に座れました。

当初ジンギスカン食べ飲み放題を予定していたのですが、牛・豚肉も美味しそうだなぁと思い急遽バーベキュー食べ飲み放題に変更。

はまポークというのが気になって目移りしちゃいました笑

画像


4700円とお値段は若干お高めですが、美味しいお肉とキリンの生ビール6種類とサワー系、焼酎など数種類が飲み放題なので個人的には大満足。

お肉はなかなか鮮度よく、味も美味しい。

チェーンの焼き肉店よりはワンランク上の美味しさでした^^


おなかもいっぱいになり、帰りは京浜東北線の新子安から武蔵小金井へ帰ることに。

大雨だったのでタクシーを呼んで帰ろうとしたのですが、みんな同じことを考えていて外の道路にはたくさんのタクシーが往来。

タクシー会社数社に電話をしてもすべて出払っていて配車ができませんとのこと・・・

ちょうど出払っていた会社さんが平和タクシーさんなら台数が多いから聞いてみたらどうですか?と言う助言をしてくれて、最終的に平和タクシーさんに電話をしたところ捕まって無事帰ることができました。


リニューアルもあってか、近代的でとても楽しめる工場見学でした^^

個人的に結構おすすめです!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック